30代前半頃、頭のてっぺん、前髪の付け根あたりが薄くなってきました。髪を後ろで一つに結わいていた際に、私の頭を上から見下ろした母に「前髪の分け目の部分がずいぶん薄いんじゃない?」と言われたのがきっかけです。
うすうす自分でも地肌が見えている部分が多いと気がついていたのですが、やっぱり人から見てもそうなんだとショックを受けたのを覚えています。
髪が長かったので、おろしている時はさほど気にならなかったのですが、髪をアップにしたり、ひっつめるように後ろで結ぶ時は目立ってきました。
特に仕事中は長い髪は邪魔なので結ばなければならないのが嫌でした。髪を後ろで束ねる時に、特に前髪の付け根のあたりがハッキリ目立ってしまうので、髪を結ぶ時は気を使いました。
分け目を真ん中にならないように、薄く見えないように少しずつ分け目を変えながら結んでいました。
そこで、私は分け目が頭のてっぺんの真ん中にならないようにしていました。あまり頭のてっぺんに負担がかからないようにひっつめた髪型はやめて、様々な育毛剤を試しました。
一番効果があったのは、やはりアンファーのスカルプDボーテです。このシャンプーを使い始めたら、地肌が目立っていた部分の髪が増えました。
あとタバコをやめたことも大きかったと思います。タバコをやめてから、抜け毛が減りました。頭皮の毛細血管の血行が良くなったからだと思います。
髪に栄養のある物なども食べて、シャンプーも丁寧に泡立てて洗ったり、洗髪後もスカルプDボーテのスカルプエッセンスという育毛剤でマッサージすると、ほとんど地肌が目立たなくなりました。
シャンプーをする時はしっかりまずよく泡立てて最初に髪を洗って汚れを落として、もう一度今度は頭皮をマッサージするように泡立てて洗って汚れを落とすといいと思います。
髪を乾かす際にも育毛剤でよく頭皮をマッサージして、頭皮を柔らかくしてください。頭皮が硬くなると毛穴も細くなります。血行も悪くなります。
喫煙も絶対、頭皮に良くないです。髪をひっつめるような結び方もなるべくやめたほうが良いと思います。結ぶと頭皮が痛くなるので、できれば髪は短くして結ばないような髪型にしたほうが薄毛は目立たないと思います。