髪の毛が薄くなると鏡で自分の顔を見るのも嫌になってしまいます。
薄毛の自分を目の当たりにするのがたまらなく不快なのです。

ですが、そうは言っても毎朝の洗顔はしないわけにはいきません。
洗面台の前に立ち、鏡を覗きこみ、そこに映る自分の顔を目にしてため息をもらすという一連の流れがいつかし出来上がってしまいました。
「ああ、自分は薄毛なんだな・・・」と否が応でも実感しなければならない瞬間です。

ハッキリ言って毎朝のこの時間がとても嫌です。
一日の始まりが毎回憂鬱な気分からスタートするのですから。
「今日もこの顔で仕事に行かなきゃいけないのか」という思いがこみ上げてきます。
情けないです。惨めです。
おそらく仕事中もムッツリした表情が多いのでしょう。

そのたびに切に思います。
もしも自分が薄毛ではなかったら、毎日をもっと楽しい気分で過ごせるのではないかと。
それも叶わぬ願いだと自分でもわかりきっているので、余計に落ち込んでしまいます。
これがこの先ずっと続くのかと思うと気が滅入りますね。梅田の薄毛治療の病院に行こうかと考えているところです。